冷え性と低体温症の違いとは?

体温が下がってしまって体が冷たくなるという部分においては、低体温症も冷え性も変わりはないのですが、違う点もあります。今回は低体温症と冷え性はどのような違いがあるのかについてお話をしていきたいと思います。

 

まず冷え性というのは、血液の循環が悪く、血液が十分に手足のような先端部分に供給されていない状態のことを指しています。ですから、内臓や背中などといった箇所は冷たくなるということはないですし、体温も低すぎると言う事もないのです。

 

低体温症というのは、内臓が正常よりも温度が低くなってしまっている状態となっています。また超口調の温度が35度を下回っていると低体温と定義されることになります。一般的に内臓というのは37度程度の温度となっているのですが、これ以下になると低体温と判断されることになります。生活習慣によって低体温になってしまう場合もあるのですが、病気が原因になってしまっていることもあるのです。

 

病気によって低体温になっている場合、気温が低い場所で寝ても低体温の状態になるのです。そして、内臓の温度も下がってしまって、気絶をしてしまうと言う事もあるのです。さらに、いくら重ね着をしたり、お風呂で体を温めても体温が元の状態に戻らないのです。

 

生活習慣が原因になってしまって低体温になっているのであれば、その生活習慣を改善させることによって、低体温の状態も改善させることが可能です。低体温でも症状の重さというのは違っているのですが、重い低体温になった場合、死亡をすることだってあるのです。

 

冷え性の場合は、血行が悪いことが原因となっています。ですから、血液の循環を良くすることに集中をすれば、冷え性の改善をすることも可能となるのです。